OPEN EYES TOP
越坂康史WEBSITE





 
プロローグ・いきなり挫折篇小型映像制作の変化映像の制作工程メイキングビデオ評
     
メイキングビデオ評【2004/02改訂】

 運がよくも悪くも、映像をやってみようと思って、しかもこのサイトを開いてしまったあなた。とりあえず、メイキングビデオなんて見て、まずは映像のイロハをお勉強とか思ったりしていませんか? ここでは、巷に氾濫するメイキングビデオに、私なりの感想を書いたりして参考にしていただこうと思います。

マルサの女をマルサする

 言わずと知れたメイキングビデオの金字塔。学生時代に見て燃えました。今見るとHMIライトが大きかったり、ビジコンのモニターがモノクロだったり、なつかしさあふれています。映画製作の概要は驚くほどきっちりと押さえられ、映画・映像を志す人には必見の1本です。「Shall we dance?」の周防正行構成・演出。

マルサの女2をマルサする

 「マルサの女をマルサする」の応用編的展開。「マルサの女」の後だったためか、バブル期だったためか、美術や小道具の高価な本物指向がビンボーな私には気持ち鼻につくが、前作より深く映画の裏側に突っ込んでいっているため、見ごたえはたっぷり。めちゃめちゃ良い溜息です。ちなみにビジコンのモニターはここでカラーに。これも周防正行構成・演出。

鎌倉映画塾・全3巻

 松竹大船撮影所がやっていた今は無き映画学校の教材的ビデオで、厳密にはメイキングではない。第1期生と衛星劇場のコンビネーションの中、実際の撮影所のセットや機材を動員して、助監督を中心に、各スタッフのパートの仕事を丁寧に紹介している。初心者でもとっつきやすい構成で、オヤジギャグも満載。全巻見ると、助監督が監督に成長する物語にもなっているのが微笑ましい。

GAMERA1999

 縦軸で通常のメイキングをしつつ、横軸でドラマ部と特撮部の微妙な確執を描いており、人間関係のドキュメントとして面 白い。DVカメラを駆使していろんなアングルから見せる「ラブ&ポップ」のつくり。説明は少ない。ここで見る金子修介は巨匠として捉えられていて、デビューの頃から作品を見ている私には意外な印象。「エヴァンゲリオン」のコンビ、庵野秀明総監督、摩砂雪監督作。

映画裏図解〜メイキングオブ青空に一番近い場所〜

 鴻上尚史監督の本篇も低予算のようだが、メイキングはもっとという感じが出ている。8ミリビデオ撮りで、必要そうな画もなかったり、かなり安い感じのテロップや編集はつらい。だが、その割りには、怒涛のナレーションで見せ切っていくので、飽きることはない。結構低予算というのが強調されていたりして、共感指数は高い。「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督作。

ピング−の秘密

 途中にクイズが入ったりして、ほのぼの度高し。家庭的な感じで作られているのが、なんとも親しみが沸く。小学生くらいでも興味を持って入っていけるつくりで、見ていて楽しい。

東映特撮大図鑑

 東映というより特撮研究所大図鑑なのだが、メイキング素材の少ない中、うまく構成されている。これを見ると日本の特殊技術が、ハリウッドと違う独自の技術を獲得していっているのがよくわかり興味深い。特にメカの変形合体に対するこだわり、地割れへの自信は相当なものと見た。うーん、確かにハリウッドではあまりやらないもんなぁ。
    

 
プロローグ・いきなり挫折篇小型映像制作の変化映像の制作工程メイキングビデオ評
     

 


Copyright(c)OPENEYES All Rights Reserved.